ベトナムファンドを始めるには、ファンドの実績、評価、手数料などを比較します。アイザワ証券、東洋証券、三井住友、ユナイテッドワールド証券などがベトナムファンドを取り扱っています。

スポンサードリンク

ベトナムファンド投資を考える時期がきました

ベトナムファンドとは、ベトナムの株で投資をする投資信託をまとめた呼び名のことです。
株式用語として扱われるため、株や経済に関心の無い方にとっては、あまり馴染みのない言葉でしょう。

日本で投資信託のベトナムファンドを取り扱っている代表的な証券会社は東洋証券やアイザワ証券ですが、この数年で、ベトナム株が日本国内で注目されるようになってきたことから、
今後、ベトナムファンドを取り扱う会社はさらに増えることが期待されています。
実際に、イートレード証券という証券会社でも、最近、ベトナムファンドを取り扱うようになったそうです。

東洋証券のベトナムファンドとアイザワ証券のベトナムファンドは、よく比較されることがあります。
また、ベトナムファンドは三井住友アセットが日本で最初に取り扱ったこともあり、

三井住友のベトナムファンドも多くの投資家によく知られています。
そもそもベトナム株が注目されるようになったのは、アジアブームの影響が大きいようです。
中国株やインド株などのアジアの株が人気となっていることで、
ベトナム株にも目を向けられるようになったのでしょう。

また、ベトナム株が取引されている証券取引所は、開設からあまり年数が経っていません。
そのため、今後の発展が期待できるということで、ベトナム株が注目されるようになったようです。

頂点に達してしまえば後は落ちる一方ですが、上昇途中にあるベトナム株は未知なる可能性を秘めているのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ